秦野の名水から生まれた黒いうどん。

食べ物に黒はタブーとされる中、あえて黒にこだわり開発されました。黒の正体は花園の店主が10年かけて開発したという「黒若の調理水」です。「黒若の調理水」は、秦野の名水を使用し、ミネラル・鉄分を加えて独自の製法で製造されています。このオリジナルの水を使って作られた「黒若秦野うどん」はツルツルとしたのど越しと、コシがあるのが特徴です。

厚木B-1グランプリ出場。

グルメTV多数出演。

市内外のイベントやデパートの催事に積極的に出店し、口コミで商品を知ってもらうように心がけています。
黒いうどんはめずらしいと、テレビや新聞・雑誌にも多数取り上げられています。一度はどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。

秦野を心から愛する。

 

店主の若尾さんは、秦野市民であることに誇りを持ち 秦野愛に溢れています。
秦野を知ってもらうために、イベントに出るときは必ず秦野の紹介パンフレットを持参し、商品の販売だけでなく秦野市のPRもしています。
また、老人会のイベントにはボランティアとしてお手伝いするなど、

地域の人たちのためにも積極的に活動しています。

「黒若秦野うどん」は、店舗・ネットショップで販売中!

テレビや雑誌・新聞に取り上げられた、「黒いうどん」
一度お試しください。

黒若秦野うどん

Copyright (c) はだのブランド推進協議会 All Rights Reserved.